SCAN1415_004_2_edited.jpg

​索【さくどう】

 索道(さくどう)とは、空中を架け渡したロープに吊り下げた輸送用機器に貨物を乗せ、輸送を行う施設のことをいいます。

車両や運搬車等で建設資材を運べない山岳地帯の輸送として利用されています。

空中に張りわたしたワイヤロープに搬器を吊るして建設工事資材などを運搬する設備をいい、その系統は循環索道とケーブルクレーンの2種類に分類される。

これらの索道は、運搬する最大単体荷重が 、1トンのものは1トン索道,2トンのものを2トン索道、3トン未満のものを3トン索道と呼ばれる。

Copyright © 2020 FUJIMORIKENKO Co.Ltd, All rights reserved.